職業能力開発短期大学校 東京建築カレッジ 高度職業訓練専門課程 居住システム系建築科 募集要項資料請求学校見学
HOME教育システム事業主のみなさんへアクセス
学校案内
授業案内
助成金制度
カレッジから公開講座
リンク
  トップページ 公開講座
 

公開講座

申込書はこちらからもダウンロードできます。

東京建築カレッジ 第20回公開講座案内


古民家を活かす、ひらく、つなげる。

〜コミュニティデザインの視点から〜


日時:2018年10月21日(日) 12時30分開場 13時00分開会
会場:「けんせつプラザ東京 5階 大会議室」    会場地図はここをクリック
    JR総武線 大久保駅北口より徒歩3分/JR山手線 新大久保駅より徒歩8分

今回はコミュニティデザインに貢献する建築のあり方 のひとつとして「古民家再生」の事例を紹介しながら、「人の居場所を創る建築が今できること」を探っていきます。

第1部
<事例報告と問題提起>
■八王子市北西部・小津地区の空き家対策から始まった
                                      地域再生の取組み
◎講師 関谷 真一[せきや しんいち]


一級建築士
結設計室 主宰
東京建築カレッジ講師

1957年八王子市生まれ。1981年工学院大学大学院建築学科修了。1981年〜八王子で江戸時代から続く宮大工の家の方が主宰する株式会社番匠設計にて、高尾山不動院をはじめとする木造の寺社仏閣、茶室(三鷹市茶室、福生市茶室など)、一般住宅の設計にかかわる。1993年〜株式会社結設計室を主宰。木を生かした家、福祉施設等の設計、石巻復興住宅の設計、古民家リノベーションをはじめ、八王子地域でのさまざまな活動に携わる。八王子市まちづくりアドバイザー(2015年〜)。1995〜2010年工学院大学非常勤講師。
著書:『基本の家づくり百科』(永岡書店)、『世界で一番やさしい木造住宅』(建築知識)ほか多数


■鎌倉「材木座の家」の物語/世田谷区における新しい公共の実践
◎講師 鈴木 陽子[すずき 陽子]


一級建築士
鈴木陽子建築設計事務所 代表
世田谷あいのま研究会 発起人

1969年神奈川県生まれ。1992年日本女子大学家政学部住居学科卒業(コレクティブハウスなど共に住まう家について学ぶ)。2001年に鈴木陽子建築設計事務所設立。現在、日本女子大学住居学科、明海大学不動産学科で非常勤講師を務める。明海大では、コミュニティから引き離されやすい「20代単身者」「シングルマザー」「高齢者」世帯が入居できる集合住宅など、社会問題を解決する不動産、建築の役割を学生たちと考えている。また、世田谷区をフィールドに、様々な条件を抱えた人びとが地域で安心して暮らせる家をつくるプロジェクトを通して、人と人のつながり方やその仕組みづくりを研究・実践している。

第2部
<パネルディスカッション>
■誰もが自由に生き生き出来る地域づくり。今、建築のできること

東京建築カレッジ卒業生や講師&指導員がディスカッション。
地域の活性に取り組む市民のみなさんからの建築への期待の声も
お聞きします。


◆主  催  職業能力開発短期大学校 東京建築カレッジ
       職業訓練法人 東京土建技術研修センター
◆定  員  150人 ※定員になり次第締め切らせていただきます
◆参 加 費  無料
※ 参加申し込みは「申込書」にて事前にお願いします。

※中学生以上の学生、学校関係者、建設関連従事者、行政関係者、一般消費者、どなたでも参加できます。
ふるってご参加ください。


2018年度 ミニ公開講座案内|第20回 公開講座案内|2017年度 ミニ公開講座案内第19回 公開講座案内
第18回 公開講座案内第17回 公開講座案内第16回 公開講座案内第15回 公開講座案内
第14回 公開講座案内第13回 公開講座案内

 
東京建築カレッジ
〒170-0014 東京都豊島区池袋1-8-6 Tel:03-5950-1771 Fax:03-5950-1774