職業能力開発短期大学校 東京建築カレッジ 高度職業訓練専門課程 居住システム系建築科 募集要項資料請求学校見学
HOME教育システム事業主のみなさんへアクセス

学校案内
授業案内

助成金制度
カレッジから
公開講座
リンク

  トップページ 【授業案内】 カリキュラム
 

カリキュラム全体像

 東京建築カレッジでは、建築の仕事で求められる技術・技能の基本を学びます。木の良さをいかす日本の木造建築技術(手道具、木組み、構法)に学習の基本をおき、伝統建築と現代建築の可能性を追求しています。また、新しい時代に求められる自然環境に調和した本物の家づくりを担う建築スペシャリストとしての職業能力開発をはかっています。

 カリキュラムは、専門実技科目、専門学科目、専門総合科目の三つの柱から組み立てられています。(下表参照)実技・学科は、施工系/計画系/構造系/情報系の科目に分かれます。すべてを必修として学びながら、建築の過程全体を見通し、住まい手の要望にこたえる構想(計画)を提案でき、また具体化(表現)できる技術技能者の養成をめざしています。

 学校の集合訓練だけでなく、各自の現場課題による訓練(OJT)もカレッジの学習の大きな領域です。また、地域や課外での自主学習もカリキュラムの一部です(分散訓練)。カレッジでは、「参加」こそ最大の「学習」とみて評価します。第一線の職人・親方・棟梁、技術者・教育者が先頭に立って、建築の産業の未来を担う若者を育てます。

 また、労働組合(東京土建)が母体の建築短期大学校として、自然・社会・人間の調和的発展に資する技術・技能を推し進めるとともに、それを実践する技術技能者の社会的責任の自覚を重視します。地域に根ざす真に豊かな建築の技術技能・文化・制度・政策のあり方とともに、技術技能者の社会的処遇の向上・安定を追求する運動に多くを学びます。

カリキュラム
東京建築カレッジ
〒170-0014 東京都豊島区池袋1-8-6 Tel: 03-5950-1771 Fax: 03-5950-1774